プロジェクトレポート

2020年9月28日

リビオ成増ブライトエア&フォレストエア

在宅空間の充実で、仕事もプライベートもより充実したくらしを

 

いま、新しい生活様式や働き方の変化に伴い、住まいに求められる役割が多様化してきています。家族にとっての幸せな暮らしのために、今どのようなマンションが求められているのだろうか、、、 私たちは「今の時代に求められる効率的に使える空間環境や時間を豊かに過ごせる仕掛け空間があれば、仕事も、家族との時間も、より充実できる」と考え、 本プロジェクトを通じこれからの住まい方を提案しています。

シェアオフィスルーム完成予想CG

仕事や勉強に集中できる「シェアオフィスルーム」

リモートワークが定着した今、「働く場所」と「住む場所」の区別がシームレスになり、住まいの中にも仕事を集中して行えるスペースを求める声が増えています。本プロジェクトの「シェアオフィスルーム」は、自宅にいる便利さはそのままに、お気に入りのカフェのような空間で、シェアオフィスの機能性を同時に叶える空間とするべく、さまざまな工夫を施しました。

■防音対応となる株式会社オカムラ社製の「TELECUBEbyOKAMURA」の採用(分譲マンション初)

■フリーWi-Fi対応

■オフィスと同等の照明の明度設定(一部空間を除く)

■その日の気分や仕事内容によって選べる様々な座席バリエーション

   (ブース席:4席、ハイカウンター席:6席、カウンター席:3席、ファミレス席:2席+4席)

■モニターを完備したファミレススペース

■複合型ネットワークプリンター完備

■キャッシュレス無人コンビニ「600」の設置

シェアオフィスルーム完成予想CG

「TELECUBE by OKAMURA」イメージ写真

専有部には家族のライフスタイルに自由に使えるスペース「モアトリエ」を採用(一部タイプ)

「モアトリエ」はこれまでの間取りにみられるマルチスペースや納戸などの収納空間と異なり、家具の配置がしやすい正形なアウトラインを確保することで、独立したひとつの空間としてだけでなく、ライフステージに合わせて変化する住まいへのニーズへも対応します。また、リビングなどの生活音を気にすることなく籠れる「在宅ワークスペース」としても活用できます。

モデルルーム(リビオ成増ブライトエア-B-SW-Bタイプ)を撮影(2019年9月)

おうち時間が充実する 多彩な共用施設

おうち時間が増えた今、共用施設は「+αの部屋」として活躍するはずです。本プロジェクトではご家族や友人との交流の場としての「パーティルーム」、夏も冬も雨の日も快適に遊べる「キッズルーム」、日曜大工や、お子様の工作の場として使用できる「DIYルーム」など、多彩な共用施設をご用意。+αのサードプレイスが様々なライフスタイルをより充実したものにしてくれることでしょう。

■パーティルーム

アイランドキッチンや、大きなテーブルを設えた「パーティルーム」。2、3世帯のご家族を招いてもゆとりのあるスペースを確保しました。家族の大切な思い出づくりはもちろん、親しい方々との交流を広げる場としてもご利用ください。

■キッズルーム

多くのお子様が遊ぶキッズルーム内をゆるやかに区分けすることで、お子様の年齢に応じて空間を使い分けられるようにしました。また、お子様の遊ぶ様子を見ながら、子育てパパママ同士が情報交換を行う場としても活用いただけます。

■DIYルーム

棚やテーブルを自作したり、お子様の工作を手伝ったり。リビングやバルコニーでは避けたいDIYを愉しむ場として、最適な空間をご用意しました。自宅ではキズや汚れが気になってできない作業を、お子様と気兼ねなくお楽しみいただけます。

※「パーティルーム」「DIYルーム」は「リビオ成増ブライトエア」に設置。「リビオ成増フォレストエア」居住の方もご利用いただけます。 ※「キッズルーム」は「リビオ成増フォレストエア」に設置。「リビオ成増ブライトエア」居住の方もご利用いただけます。 ※利用料未定

パーティールーム完成予想CG

キッズルーム完成予想CG

DIYルーム完成予想CG