50代からの住まい選び

50代以上の購入者が増加中

今、50代以上で住まいを購入する人が増えています

■契約者全世代における50代・60代以上の割合

50歳代・60歳代で住まいを購入される方が今、増えています。子育てがひと段落し、ご家族にも変化のあるタイミング。当社の新築分譲マンションご契約者においても高齢化・長寿化の影響もあり、永いセカンドライフを見据えて住まいを再検討しようという方が多くなっています。新日鉄興和不動産では、セカンドライフを快適かつ安心・安全にお過ごしいただける住まいをご提供しています。

TOPへ戻る

住み替えのきっかけは?

「賃貸」から、気兼ねのないマイホームへ

賃貸住宅や社宅にお住まいだった方々からは『気兼ねなく暮らせる自宅が欲しかった』『老後も家賃を払い続けることは不安』『子供に残せる資産として』という“きっかけ”が多く聞かれました。老後こそマイホーム、という方が増えています。

住み替えのきっかけは?

「持ち家」が生活の変化に合わなくなった

一方、持ち家から買い替えられた方々からは『(子供の独立など)生活の変化に合わなくなった』『掃除やメンテナンスが大変』『老後、階段や段差が心配』といった“きっかけ”が多く挙げられています。ご家族やお身体の変化による、お住まいへの「不安」を理由に住み替えられる方が増えています。

住み替えのきっかけは?

「戸建てを売って、管理が楽なマンションを購入」

「“資産”として子供たちに残せることが決め手」

TOPへ戻る

セカンドライフの選択肢

どれを選ぶ?セカンドライフの住まい

「新築分譲マンション」「シニア向け分譲マンション」「持ち家(戸建てなど)のリフォーム」「有料老人ホーム」など、永いセカンドライフを過ごすための選択肢はさまざまです。それぞれのメリット・デメリットを比較し、自分たちに合った住まいを選ぶことが大切です。新日鉄興和不動産では、安心してセカンドライフをお過ごしいただける新築分譲マンションを開発・ご提供しています。

新築分譲マンション 持ち家のリフォーム シニア向け分譲マンション 有料老人ホーム

それぞれのメリットデメリット

それぞれのメリットデメリット

TOPへ戻る

住まい選びのポイント

セカンドライフを見据えた住まい選びのポイント

具体的に気になる物件が出てきたら、事前に確かめておきたい事柄が多々あります。より安心で快適な“これから”のために、チェックすべきポイントの一部をご紹介します。

セカンドライフを見据えた住まい選びのポイント

新日鉄興和不動産のマンションならセカンドライフも安心

※物件により設備・仕様等は異なります。

  • フラットフロア
  • エレベーター完備
  • 地震に強い鉄筋コンリート造
  • 24時間ゴミ出し可
  • 防災備蓄倉庫設置
  • ペット飼育可
  • 24時間セキュリティ
  • オートロック採用
  • 24時間電話コンシェルジュサービス
  • 新日鉄住金グループとみずほグループをバックボーンとした盤石の経営基盤
  • グループ会社一体の万全の管理体制
  • 安心のアフターサービス体制

※物件により設備・仕様等は異なります。

TOPへ戻る

「元気なうち」の早めの検討が◎

大切なのは、心身が充実しているうちに考えること

「シニアライフは自分にはまだ関係ない」とお考えの方も多いのでは?しかし、永いセカンドライフを豊かに過ごしたいと願うなら元気なうちに、少しでも早く、検討・準備をスタートすることが大切。この機会に、終の住まいについて話し合ってみてはいかがでしょうか。

新日鉄興和不動産の多彩な物件ラインナップはこちら